FC2ブログ
2010年09月12日 (日) | 編集 |
金毘羅さんをあとにして一路32号で祖谷渓(イヤケイ)へ

途中にあるサンリバー大歩危で温泉にでもと思ったのですが

予想以上に駐車場が満車であった為に、目的地の「小便小僧」に

SN3J0156.jpg

バイクと車でもすれ違うのに気を使う細い山道を登っていくと

SN3J0154.jpg

小便小僧がいました。小便をしている先を見ると

SN3J0155.jpg

柵を乗り越えて記念撮影する人もいるようですが・・・無理。

その後、大豊から高速に乗って、一路、足摺岬へ。

高速に乗ってからは風が強く、80kmより先を出すことができません。

*このときままだ台風が来ている事を知りませんでした。

その後、56号に乗って、「あぐり窪川」で休憩。

豚まん食べようか悩みましたが、何せ暑いので断念。

ここで、体に異変が。鍵を落としたので拾おうとしたら腰がビキッって

足摺岬までは、まだ4時間位かかりそう。風も強いし、腰・ケツも痛いし

四万十市(旧中村市)で15:30になったので宿探し。

駅前のチサンホテルで一泊。

本日走行距離・・・約780km

テーマ:日々出来事
ジャンル:ライフ
2010年09月11日 (土) | 編集 |
大鳴門橋・高松道と高速を乗り継いで、まずは金毘羅さんに

高松道は、片側1車線の2車線高速です。所々で路側帯によって

車を先に逝かせます。80km~90kmがスポスタでの快適速度のようで

100km以上だすと風圧でしんどいことになります。

朝の8時に金毘羅さんに到着。駐車場の管理人さんに杖を借りていざ、

SN3J0147.jpg

SN3J0148.jpg

SN3J0149.jpg

SN3J0150.jpg

本社でこれからの交通安全やらもろもろを祈願します。

SN3J0151.jpg

本社からの一望は、なかなか良かったです。しかし、携帯電話のカメラでは限界です。

SN3J0152.jpg

雅楽の笛の音がするので辺りをさがすと・・・

どうやら練習中(?)のようです。なんか得した気分です。

奥社まで逝こうかと思いましたが、体力と時間を考えてここで戻りました。

テーマ:日々出来事
ジャンル:ライフ
2010年09月10日 (金) | 編集 |
9月4日・23:00深夜の高速に乗って四国へスタート。

中央道・名古屋・東名阪・名阪・明石大橋というルートです。

途中で、煽られながらの追い越しを受けビビりながら走行。

車と違って風圧と気温、そしてケツの痛さにやられながら

80kmで走行。車走行と違ってかなり安全運転。

大阪市内で風圧に悩む自分にとっての救世主が現れました。

道路維持車という救世主です。80kmでの走行(風よけ)・

回転灯のおかげで、後ろからの煽られることもなく走行。

しかし、ケツが痛く、西宮名塩SAで休憩。

その後、若干の道に迷いながらも明石大橋に。

長い登りのトンネルを抜けると、明石大橋の上に。

ここで忘れていました。自分が高所恐怖所(気味)であることに・・・

以前に、車で通った関門海峡でも恐怖を感じていました。

バイクです。風と橋のつなぎ目の鉄板・・・

教習中に「鉄板は避けて通らないと滑りますよ」と教わりましたが

避けれないじゃん。しかもトラック風圧に煽られてスライドするし・・・

やっとのことで淡路SAへ。既に予定より2時間以上遅れていました。

SN3J0146.jpg

SN3J0145.jpg

すっかり夜が明けていました。

テーマ:日々出来事
ジャンル:ライフ
2010年09月09日 (木) | 編集 |
今回のツーリングの目的は、

1)バイクの慣らし運転

2)バイクに慣れること

が主な目的です。

昨晩は、上司の妨害(飲み)で遅くなったために慌てて準備開始です。

そんななか、車の時も避けている交差点になぜかバイクでいってしまい

チャリの通過待ち後の左折で、あれぇ~~。っと立ちゴケしてしましました。

幸いにして、ミラーとエンジンガードに小さな擦り傷ですみましたが・・・

とっても不吉な気持ちで一杯になりました。

SN3J0144.jpg

その後、どうにか荷造りが完了して就寝。

本来は、昼ごろに出発予定でしたが、準備に手間取り

夜中の出発となりました。

バイク自体まだ、300kmしか乗っていない人間が

いきなりの長距離移動&夜の高速って・・・

無謀な冒険の始まりです。

テーマ:日々出来事
ジャンル:ライフ