FC2ブログ
2019年05月06日 (月) | 編集 |
R1005289.jpg
スーパーカミオカデンを後にして。

穴場だと思ったのに・・・人混みにやられて退散。

来た道を戻り、平湯方面へ。栃尾のAコープで買い出し。

キャンプ場に戻ると、富山さん(仮名)と談笑。

富山さんは、マスツーでのキャンプ。

人混みを避けたといったら笑われました。

マスツーはペースが合わないと大変みたい。なるほどね。

早めに平湯にいったけど、ここも人混み。快晴のGWだからね。

キャンプ場で、まったり過ごしていると、いつの間にか

駐車場は満車。キャンプ場も傾斜しているうえに石があったり

場所によっては、地面が柔らくてイスの足が沈んでコケそうになったり

プチハプニングがいっぱいでした。
R1005291.jpg
*朝に撮ったキャンプ場(フリーサイト)

夕暮れ近づき、ダウンを着込んで焚火を開始。でもすぐに消える。

小枝だけでは、限界みたいです。諦めて就寝・・・就寝

出来ない。気温が下がり、寒くて寝付けません。

エリクサーのフルメッシュから冷気がどんどんやってくる。

寝袋の隙間から冷気がガンガンやってくる。

炊事場で富山さん(仮名)と話した時の言葉がよみがえる。

「放射冷却で、氷点下までいくよ」

当たり前ですがモンベル#3では太刀打ちできません。

テント内でアルコールストーブを・・・なんて物騒なことを

考えながら日の出を待つ一日。



朝に知りました、その夜は-3℃だったと。
スポンサーサイト



テーマ:日々出来事
ジャンル:ライフ